夫妻

結婚式場を格安でおさえる方法│ウェディングドレスの情報もあります

日取りが決まったら

案内

結婚式の招待状は式の日取りが決まり次第、できるだけ早く渡すようにしましょう。また、職場や普段から頻繁に会っている友人などには、郵送ではなく直接渡すことが大切です。その方が相手から丁寧な対応だと感じられるようです。

More…

前日にしてはいけないこと

ウェディング

東京で結婚式を挙げる方は前日まで用心する必要があります。前日まで結婚式に向けた準備に追われる可能性があるので、前日に両親への手紙を書くのは避けましょう。また、寝れないからといって寝酒をするのもお肌のために良くありません。

More…

ドレス購入の種類を知ろう

ドレス

ウェディングドレスの購入パターンは、フルオーダーメイドやセミオーダー、アウトレット購入などがあります。自分の結婚式のスタイルや予算に合わせて、ドレスを選ぶことが大切です。

More…

式の費用をおさえるなら

披露宴

結婚式場の費用を格安でおさえたい方は、小さな結婚式がおすすめです。小さな結婚式で費用を格安おさえることで、様々なメリットを得ることができます。たとえば、小さな結婚式は規模が小さいので、準備をとても楽にすることが可能です。結婚式の準備は一般的に半年くらい前からするとされています。式までに決めないといけないことや結婚式場の予約、祝辞の依頼など様々なやるべきことがあるため多忙を極めます。結婚式の準備だけをしていればまだ楽ですが、それと並行して仕事や家事などもこなさないといけません。小さな結婚式は結婚式場の規模も小さいため、招待客をしぼることが簡単にできます。招待客として招かれる人たちも親しい人たちばかりなので、気を遣うこともなくリラックスしたムードで式を進行することができます。大規模な結婚式になると、新郎新婦と席が遠い招待客もいるため、新郎新婦と一言も話さずに式場を後にしてしまう方も現れます。その点、小さな結婚式では少人数で集まるので、友人や親族とゆっくり話すことができるのです。また、多くの友人たちとたくさん写真を撮ることも可能です。人数が多くなると、せいぜいグループで1枚や2枚しか撮れません。しかし、少人数だと写真を撮る時間もたくさんあるので、写真映りがいいものをチョイスして、式後に額に入れて飾ることもできます。引き出物を一人一人に選ぶことも魅力の一つです。引き出物はできるだけ一人一人違ったものをあげたい、と考えている方もいると思いますが、大人数になるとそれは困難です。しかし、小さな結婚式では時間もお金も余裕があるので、個性豊かな引き出物を選ぶことができます。